別の道を歩み働く

別の道を歩む!

看護師としての経験と知識を生かして、別の道を歩む方法もあります。

 

医療現場で培った経験はあらゆる業種で役立ちます。

  • 介護
  • 保育
  • カウンセラー
  • 医療コンサルタント

など、活躍できる場所がたくさんあります。

 

 

介護

ヘルパーとしてだけではなく、看護師免許を持っていないとできない医療行為が行え、手厚い介護を提供できます。

 

看護大学を卒業されている方なら、福祉関係の専門学校に一年通うことで、社会福祉士の道も開かれます。同様に精神保健福祉士としての道も開かれます。また、必要な実務経験を積むことで、ケアマネージャーや介護福祉士としても活躍できます。

 

まずは、あなたの希望や条件にあった介護職を見つけましょう。

 

詳しくは、
介護関連の仕事を探す方法」をご覧ください。

 

保育

保育の場面でも、看護師の経験と知識は十分に発揮できます。特に、病後保育を行っている施設では、あなたの力を必要としています。

 

保育士として、新たな資格を取得することも可能なので保育の現場であなたの力を発揮してください。

 

詳しくは、
保育の現場で働く方法」をご覧ください。

 

カウンセラー

看護師としての経験を生かして、医療カウンセラーの道もあります。高齢者の医療問題に対応するカウンセリングや医療従事者のメンタルケアなど、あなたの経験を発揮できる仕事です。

 

現在、カウンセラー資格は民間資格なので、新規に参入しやすい分野です。その分、カウンセラーとしての力量が問われます。

 

詳しくは、
カウンセラー資格の取得方法」をご覧ください。

 

医療コンサルタント

民間病院の設立に携わる仕事や既存の病院への経営アドバイスを行う仕事です。看護師として働いた経験が生かされ、なおかつ患者さんにやさしい病院を作り上げる事ができます。

 

コンサルタント業も資格は必要ありませんが、コンサルタントが行える経験と知識が必須条件となります。